本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院25年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かにあるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

精神科治療で行き詰ったら


     精神科治療で行き詰ったら


精神疾患の領域では、視点の違いは顕著

現代医療では、精神科の治療体系は、薬物療法が中心になります。
その理由は、そもそも、“精神疾患は脳の病気である”との誤解によるものです。
お伝えしたいのは、精神は、脳で作られるわけではないということ。
ましてや、脳内のホルモンが、精神を作るわけでもありません。
まず、精神が何かを意図し、次に脳がその意図に従って実務を行います。
脳とは、あくまでも、肉体を動かす為の、いわば“プログラミングされた中継装置”なのです。

薬物療法は、脳の機能に働きかけ、脳内の神経伝達や、ホルモン分泌の調整を行うに過ぎません。
薬物療法によって感情や気分がコントロールされる根拠は、脳を麻痺させ、ボンヤリさせ、感情を平坦にする
事によります。
勿論、症状が緩和し、一時的にも苦しさから解放されることは、重要な要素ですが、あくまでも表面上の対症
療法の域を出ません。
しかし、精神の奥底深くの潜在意識にある、本人にも認識しえない“何か”は、いつまでもそのままです。
その“何か”にアクセスし手を施さない限り、症状はいつまでも心身を脅かし続けるのです。
たとえ、表面上はうまくバランスを取って、平静を保っているように見えてもです。


精神疾患とカウンセリング

カウンセリングとは、捉われてしまった過去の出来事に、理性と自制の力で“心の整理”をつける手法です。
副作用や肉体的な負担がなく、安全で有効な手段の1つで、薬物療法と並び、現代的なアプローチ法としての
地位を確立しています。

カウンセリングの限界:
催眠療法をはじめ、カウンセリングが及ぶ範囲は、自分(顕在意識)で認識出来る範囲で のことに限り
ます。


自覚できる問題は、原因を認識できる故、それこそが根本の原因だと、安易に誤解されやすい傾向を持ってい
ますが、実はそうではないのです。
認識できるレベルの問題は、通常の精神力があれば、自らの意識で合理的に消去、あるいは納得させ、回避す
ることが出来ます。
対して、現実的に問題となるのは、カウンセリングも含めて、色々な手を尽くしてきたのも関わらず、一向に
改善されないケースです。
それは、真の原因が、潜在意識の中にある場合が殆どだからです。

そしてその多くは、顕在意識は勿論、潜在意識にすら認識されず、心の奥底深くで人知れず“負のエネルギー”
を発し続けているのです。
言い知れぬ「不安・焦り・恐怖・悲しみ・体調不良」等がそうです。


どのような精神疾患であっても、そこには必ず潜在意識下の問題を抱えている

潜在意識下から、人知れず発せられる“負のエネルギー”が大きいほど、抑制に要する理性のエネルギーの消耗
も大きくなります。

そしてそれが、本来であれば、精神活動や肉体運営に使うべきエネルギーを、多大に動員してまで抑制に働か
せた場合、当然、心身各所はエネルギー不足に陥ります。
その結果、種々の精神・身体症状が表面化し、現代医療で言うところの精神疾患として、初めて認識されます

そして、この表面上の症状抑制に、フォーカス(対症療法)するのが、現代医療の位置付けです。

それに対し優気功では、直接に潜在意識と、気の交流を図ります。
それにより、潜在意識の状態そのものや、より深い意味での病気の原因を、“気”を通した視点から捉えます。
そして、気のエネルギーを用いて、原因の封じ込め、あるいは解体を行ないます。

これが一般の気功では、絶対に到達できない特殊なレベルでの施術を、可能にしている所以なのです。


     うつ病について、
      より詳しくお知りになりたい方は、

          こちらから
 ⇒ 優気功院 分院

 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。