本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院25年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かにあるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

腫瘍「癌(がん)・肉腫」の正体と気功療法 その所見



   腫瘍「癌(がん)・肉腫」の正体と気功療法 その所見
    そして、実は知られていない、もう一つの重大な原因


腫瘍(癌・肉腫)は
克服できる病気です。決して不治の病ではありません。
気功の領域では、腫瘍(癌・肉腫)は克服できる病気です。


仮に余命宣告を受けたとしても、それはあくまでも現代医学としての限界です。
“余命を宣告された時点からでも、克服できるケースは多々あります。


” 絶対にあきらめないで下さい。

優気功は、貴方の戦いにとって、“他では絶対に真似できない”強力なサポートを行うことが出来ます。
それは、独自の特殊な気功技術を用いる“優位性”を持っているからです。



腫瘍(癌・肉腫)とは何か? 〜腫瘍(癌・肉腫)の正体〜

西洋医学的な表現を用いれば、腫瘍(癌・肉腫)とは、遺伝子のエラーにより、正常細胞と異なる増殖システ
ムを獲得し、異常増殖した細胞となります。
ごく身近に例えれば、ホクロと同類の位置づけに相当するものです。

正式な名称は、腫瘍です。
増殖の形態の違いにより、幾つかのカテゴリーに分類(※)されています。

例えば、生体に対し生命の危機を及ぼすか否かで、悪性腫瘍あるいは良性腫瘍とよばれます。
子宮筋腫など、失命には至らない形態のものは、良性腫瘍の代表格です。 ホクロも異常増殖した細胞塊です
が、一定の大きさで増殖は停止し、多くは生涯、生命に影響を及ぼすことの ない良性種に含まれます。それ
に対して、再現なく増殖を繰り返し、正常細胞にとってかわることにより、本 来の臓器機能が損なわれ、最
終的には生命の危機に至る形態のものが悪性腫瘍、いわゆる“癌・肉腫”と呼ば れているものです。



腫瘍(癌・肉腫)とは何をするのか? 〜腫瘍(癌・肉腫)が引き起こす症状〜

西洋医学からすると、前述したとおり、死に至る重度の疾患です。駆逐すべき、難敵として位置付けられてい
ます。
ですが、はたして腫瘍(癌・肉腫)の正体はそれだけなのでしょうか? 確かに、生命を脅かす “恐ろしい病”
という側面があるのも事実です。

しかし、腫瘍(癌・肉腫)の存在理由は、それだけではなかったのです。
実は腫瘍(癌・肉腫)とは、そもそもは、免疫統システムの一環であったものなのです。



腫瘍(癌・肉腫)は、実は体内毒素を排出する優れたメカニズムの1つだったのです

体内毒素を排出するシステムというと、咳、下痢、嘔吐、発熱といった症状が、すぐに思い浮かぶと思います
が、それと同様に、実は腫瘍(癌・肉腫)も、体内毒素排出の働きを担っているのです。 毒素を腫瘍細胞と
いう形態に変化させ、白血球やマクロファージ等に食べさせて、自浄させているのです。 毎日5000個も
の腫瘍細胞が、発生・自浄されているように、極めて日常的な生体内メカニズムなのです。

つまり、人は腫瘍(癌・肉腫)で死ぬのではないのです。 腫瘍(癌・肉腫)はあくまでも、毒素を排出する
最終手段に過ぎません。その腫瘍(癌・肉腫)という排出手 段を使ってもなお、毒素の処理が追いつかなか
った時についに、物質肉体としての限界に達してしまうのです。

従って腫瘍(癌・肉腫)そのものを、諸悪の根源と定めて治療をしていては、根本的な解決には至りません。 それは、治療すべきポイントが、そこではないからです。
つまり、それこそが“薬物療法・放射線治療・切除手術”を最善策と考える現代医療が、癌を難病としてしま う理由なのです。



腫瘍(癌・肉腫)はどこから来たのか? 〜腫瘍(癌・肉腫)の発症経路の究明〜

西洋医学の観点では、腫瘍(癌・肉腫)とはDNA複製上の“ミスコピー”の産物です。

60兆の細胞が生まれてから一生の間、何度も何度も細胞分裂を繰り返し、その度DNAは複製されています
。 そしてその過程の中で、誤ったDNA情報にミスコピーされた物から、いわゆる癌化が始まるとされます。

通常は、免疫機能により、癌細胞は直ちに消去されますが、何らかの原因で免疫機能が低下していた場合、消
去され切れず、残った癌細胞は、さらに増殖を繰り返してゆきます。そうして一定の大きさに達すると、よう
やく検査機器で発見され、初めて腫瘍(癌・肉腫)という病名が確定診断されるのです。

つまり、病院で発見される数年から10数年、あるいはもっと前から、小さな癌細胞は、少しずつ少しずつ成
長していたのです。
そして腫瘍(癌・肉腫)細胞は、一定の大きさに達した後、特有の性質を発現し出します。まるで別の生物で
あるかのような、“自ら積極的に増殖できる機能”を獲得します。

それが血管新生という機能です。 新しい血管を自分で作り出し、触手のように周りの正常細胞に伸ばしてゆ
くのです。そして周りの正常細胞か ら栄養を奪いながら、成長速度を上げて増殖してゆくのです。

病院で発見されてからの、進行の速さは、その性質によるものです。




気功的所見から

毒素の種類は多数存在しますが、腫瘍(癌・肉腫)という事象であげると、ストレス等の内的毒素が、影響の
度合いを大きく占めています。

内的毒素は、ストレスの種類と対応している“チャクラや経絡”を通し、そのチャクラや経絡が支配している
下流域に、支障が生じやすくなります。
一般的にも、ストレスが、胃や心臓などに、どのように影響を齎すかは、容易に理解頂けるかと思います。
またストレスは、直接に全身の“気”エネルギーの流れを滞らせます。
つまり、心身の“気”エネルギーの滞りは、細胞としての生命力が乏しくなる事態を意味します。

“気”エネルギーの不足した細胞では、体内毒素を処理しきれずに蓄積が続き、癌化し易い環境になります。
さらに同時に、癌細胞を自浄する役割の、リンパ球やマクロファージ等の活性をも低下させますので、生じた
癌細胞が、免疫網からすり抜ける割合が高まり、より大きな細胞塊に増殖を繰り返してゆくのです。



腫瘍(癌・肉腫)をどう消し去るのか? 〜腫瘍(癌・肉腫)の消去法〜

腫瘍(癌・肉腫)細胞そのものをターゲットとする現代医療では、薬物治療・放射線医療・切除手術が、治療
の大きな柱です。
確かに技術は日々目覚ましく進歩し、早期発見の段階であれば、取り去ることが出来る癌も、徐々に増えつつ
あります。
しかしながら、一定の進行以上の癌に対する効果の限界、再発、転移等、様々な問題は、未だ山積しています
。 なぜでしょうか?

それは、腫瘍(癌・肉腫)になった本当の原因が改善されていないからです。
腫瘍(癌・肉腫)はあくまでも、体内の環境の乱れの1つの現れです。
“腫瘍(癌・肉腫)を取り去ること”が治療の中心となってしまい、“腫瘍(癌・肉腫)が生まれた環境”は 改善
されていない事が、治療難度を高める最大の理由なのです。

また、抗癌剤は細胞毒性が強く、自己の正常な免疫細胞をも傷害してしまいます。いわゆる、副作用です。

それゆえ、再発した場合には、もはや対抗する免疫力は乏しく、とても抑えきることが出来なくなるのです。
増殖速度は前にも増して、人体をおびやかすのです。


優気功では、患部への、直接の気の放射と併せ、潜在意識との交流による、最深部への施術を行いま
す。 心身の深部にある、根本的な原因部分からも施術を行い、体内環境の改善を図ります。一般の
気功にみられる、表面上の症状“腫瘍(癌・肉腫)細胞”のみを、対象にすることはありません。


また、施術で腫瘍(癌・肉腫)細胞を消しておしまい、というものでもありません。大切なポイントは、なぜ
腫瘍(癌・肉腫)細胞になったか? だからです。
腫瘍(癌・肉腫)細胞になるに至った体内の要因・環境までを整えないと、本当の意味での健康ではありませ
ん。同じ環境下であれば、また新たな癌塊が発生してくる事を、否定は出来ないからです。

その為には、生活スタイルを再度見直し、過度にストレスをため込まない、風通しの良い心身作りを目指すこ
とが大事です。


優気功では、癌(肉腫)に効果があって当たり前。良くなって当たり前。
でもそれだけでは、いけません。
さらにその先の、毒素をため込まない、本当の意味での健康にならねばなりません。



優気功では、その為の、強力なお手伝いをすることが出来ます。
それにより、免疫力を含む、本来の自然治癒力を、しっかりと取り戻すことが出来ます。
そして、本来 あるべき、再発をさせない、健康な体への改善を、目指します。


新たな癌細胞を“発生させない・増殖させない体質” への改善、そして、やがては腫瘍(癌・肉腫)細胞の 消
失という結果は、あくまでも、その過程の中に伴うものです。


優気功は、腫瘍(癌・肉腫)細胞を消す事のみを目的にしているのでは、ないからです。
人を生かす事が、優気功の最大の目的なのです。





実は知られていない、腫瘍を生じさせたもう一つの、重大な原因

癌(肉腫)がなかなか縮小しない、消失しない、再発する。
この原因、実は、腫瘍を生じさせる重要な要素に、潜在意識下の深くに根を下ろした問題が関係している事
が多いのです。 いわゆる無意識下の心のエラーです。

腫瘍を生じさせた原因が、潜在意識深くの心の問題である場合、表面上の腫瘍を取り除いても、根本的な環境
は全く改善されていないのです。
つまり再発が起こりえる環境は、「依然として維持されたまま」という事なのです。
本当の意味での健康を取り戻さない限り、完全な克服に成りえないケースも事実あるのです。

克服には、潜在意識下にエラー反応を引き起こしている負のエネルギー体を取り除く以外ありません。 しか
し、精神科医療やカウンセリング、催眠療法、普通の気功では、それを行なうことはできません。 なぜなら
、それらの治療が行える範囲が、あくまで肉体上の問題に限定されるからです。つまり、認識できる 範囲の
みが治療の対象であるということです。 言い方を変えれば、「潜在意識すら、存在を認識していない“何か”
」が原因の場合は、治療不可能ということ です。


その克服には、絶対的に優気功による施術が必要となります。
気を精神(潜在意識の深層部)に働きかけ、原因を特定し、それを直接に解体消去することが出来る
優気功だけが、根本的に解決する力を持つ唯一の選択なのです。



自分の意識の持ち方が、効果をより高める

腫瘍(癌・肉腫)を克服する上で、重要な要素に“心の持ち方”というものがあります。

有効な“心の立ち位置”を得る為の“コツ”は存在しますが、まずは、「治すぞ!」という明確な意思を持ち 続け
ることです。そしてこの“心の持ち方”が、腫瘍(癌・肉腫)を克服する上で、実はとても大事な要素に なる
のです。
しかも、どうしても受け身にならざるを得ない病院での治療と異なり、自分自身で主体的に、回復効果をより
高められる所に、利点があります。

もちろん“心の前向きなコントロール”が出来なくても、気功の効果が、無くなる訳ではありません。



この他にも豊富な臨床経験がございます。
まずは、ご相談ください。

            >>> 御相談は、こちらから(優気功:yu-kikou@ae.auone-ne



              私が診た臨床上の所見をまとめてみました。
             (整理できたものから順にアップしてゆきます)

           皮膚黒色腫瘍  非黒色腫皮膚癌  頭頸部癌(頭頚部癌)
           肺癌  乳癌


優気功は“病気と闘うあなた”の「自然治癒力の連鎖」を引き起こさせる“希少性の高い、一義的に真正な代替
医療”です。「根本的な原因を解決すれば“病気は消えるはず”」なのです。


                     <参考>

     ※ 現代医療による、解剖所見等から見た癌分類例(組織的な性質上、重複箇所有)

大きくは、癌は発生する部位により分類され、さらに細胞の種類・性質の違いよって細分化されてゆきます。
また、分類法も様々な角度から多種多様に存在し、人の性格同様、癌細胞1つとっても、それぞれ個々に様々
な病理所見を呈します。 参考として、以下に代表的な癌の種類・呼称のごく一部を記しました。


見てお分かりのように、それはあまりに膨大な数の種類です。これら全てを個々に理解し、それぞれに対応し
た治療を行うことは、現実的に限界があります。つまり医師個人、あるいは医療の限界なのです。癌治療自体
を難しくし、いわゆる癌難民を生み出してしまう理由なのです。しかし、優気功の概念では、1つ1つの症
状には焦点を合わせません。どんなに多種多様な症状があろうと、行うべき施術の軸は、根 本的な原因に対
するものだからです。すなわち、現代医療にとっての難病は、優気功にとっては、必ずしも難病ではないので
す。


消化器系

食道癌 頸部食道癌 胸部食道癌 腹部食道癌 胃癌 スキルス胃癌 大腸癌 結腸癌 直腸癌 肛門癌 乳
房外パージェット病 肝臓癌 肝細胞癌 肝内胆管癌 胆管嚢胞腺癌 カルチノイド腫瘍 肝芽腫 胆嚢癌 
胆嚢癌 胆管癌(肝外胆管癌) 乳頭部癌 膵臓癌 肝細胞癌 後腹膜肉腫 腹膜播種 巨大明細胞癌

婦人科系

乳癌 パージェット病 髄様癌、粘膜性癌、葉状腫瘍、管状癌、アポクリン腺癌、腺様嚢胞癌 卵巣癌 漿液
性腺癌 粘液性線癌 類内膜腺癌 明細胞腺癌 未分化胚細胞腫 卵黄嚢腫瘍 胎児性癌 顆粒膜細胞腫 ク
ルーケンベルグ腫瘍 子宮癌 子宮頸癌 子宮内膜癌(子宮体癌) 子宮肉腫 膣癌 内胚葉洞腫瘍 外陰癌
卵巣巨大明細胞癌

頭頚系

口腔癌 顎洞癌 口唇癌 頬粘膜癌 舌癌 歯肉癌 唾液腺癌 上咽頭癌 中咽頭癌 下咽頭癌 声門癌 声
門上癌 声門下癌 悪性黒色腫網膜芽腫 頑健癌 眼窩癌 涙腺癌 甲状腺腺癌 乳頭癌 濾胞癌 髄様癌

泌尿器系

膀胱癌 乳頭状癌 非乳頭状癌 上皮内癌 前立腺癌 平滑筋肉腫 横紋筋肉腫 精巣腫瘍 セミノーマ(精
上皮腫) 非セミノーマ(非精上皮腫) 甲状腺癌 乳頭癌 濾胞癌 髄様癌

循環器系

腎臓細癌 腎細胞癌 腎血管筋脂肪腫 オンコサイトーマ 縦隔腫瘍呼吸器系 肺癌 小細胞癌「燕麦細胞癌
」 非小細胞癌(腺癌 扁平上皮癌 大細胞癌) 中皮腫

骨・軟部系

骨・軟部腫癌 骨内通常型骨肉腫 傍骨性骨肉腫 傍骨性骨肉腫 悪性線維性組織球腫 高分化型脂肪肉腫 
粘液型脂肪肉腫 円形細胞型脂肪肉腫 多形細胞型肉腫 胎盤方横紋筋肉腫 胞巣型横紋筋肉腫 多形型横紋
筋肉腫 平滑筋肉腫 滑膜肉腫 神経肉腫 通常型骨肉腫 間葉性軟骨肉腫 粘液型軟骨肉腫 血管肉腫 血
管外皮腫 悪性シュワン腫 明細胞肉腫 悪性中皮腫 悪性神経上皮腫 胞巣状軟部肉腫         

皮膚系

皮膚癌 有棘細胞癌 基底細胞癌、メラノーマ(悪性黒色腫) 菌状息肉症

血液系

急性骨髄性白血病(AML) B細胞性慢性リンパ性白血病 ヘアリー細胞白血病 多発性骨髄腫 形質細胞腫
マクログロブリン血症 ホジキンリンパ腫 非ホジキンリンパ腫 成人T細胞白血病リンパ腫

脳外科系

脳腫瘍 神経膠腫 膠芽腫 悪性星細胞腫 髄膜腫

小児癌系

急性リンパ性白血病 急性骨髄性白血病 小児悪性リンパ腫(ホジキン病、非ホジキンリンパ腫) リンパ芽
球性リンパ腫 小型非切れ込み核細胞性リンパ腫 大細胞リンパ腫 濾胞性リンパ腫 分類不能型リンパ腫 
神経膠腫「グリオーマ」(小脳星細胞腫 脳幹神経膠腫 大脳神経膠腫) 小脳星細胞腫 脳幹神経膠腫「脳
幹グリオーマ」 大脳神経膠腫「大脳グリオーマ」 髄芽腫 胚芽腫(胚細胞腫、精上皮腫、セミノーマ) 
絨毛癌 胎児性癌 ヨーサック腫瘍(卵黄嚢腫) 奇形腫 視神経膠腫 視神経膠腫 脈絡叢乳頭腫 頭蓋咽
頭腫 網膜芽腫 神経芽腫 ウィルムス腫瘍 明細胞肉腫 横紋筋肉腫 神経上皮腫瘍 肝芽腫(肝芽細胞腫
) 軟部肉腫 間葉腫 ユーイング肉腫 髄膜種 下垂体腺腫 聴神経腫瘍 ラトケのう胞 転移性脳腫瘍 
血管芽腫(フォン・ヒッペル・リンドウ病) リンパ腫 松果体のう胞 類表皮のう胞 松果体のう胞 コロ
イド嚢胞 ランゲルハンス細胞組織球症 (LCH)  類皮のう胞(類皮腫) AT/RT 線維形成性乳児星細胞
腫/神経節膠腫 (DIA/DIG) 神経芽腫 中枢性神経細胞腫  神経節細胞腫 神経節膠 腫胚芽異形成性神経
上皮腫瘍(DNT) 血管外皮腫 (ヘマンジオペリサイトーマ)

また例えば「小児脳腫瘍」についてを、病理組織学的分類をした場合は、さらに詳細な分類が出来ます。

テント上原始神経外胚葉性腫瘍 脳幹部びまん性星細胞腫(橋膠腫) 毛様細胞性星細胞腫 退形成性乏突起
膠 乏突起膠腫 退形成性乏突起星細胞腫 乏突起星細胞腫 退形成性上衣腫 胎児性癌 未熟奇形腫 悪性
奇形腫 混合性胚細胞腫瘍 卵黄嚢腫 絨毛上皮癌 中枢神経原発リンパ腫 松果体芽腫 中間型松果体実質
腫瘍 大脳神経芽腫 嗅神経芽腫 異型中枢神経細胞種 退形成性神経節膠腫 脈絡叢乳頭癌 非定型奇形腫
様/ラブドイド腫瘍 線維形成性髄芽腫 結節性髄芽腫 大細胞性髄芽腫 退形成性髄芽腫 悪性末梢神経鞘
腫 軟骨肉腫,髄膜黒色腫,退形成性髄膜腫 各種機能性腺腫を含む下垂体腺腫 シュワン細胞腫( 神経鞘
腫) 神経線維腫 髄膜腫 血管芽腫 海綿状血管腫 単純性(若年性)血管腫 ラトケ嚢胞 類表皮嚢胞 類
皮嚢胞 成熟奇形腫 松果体細胞腫 上衣下巨細胞性星細胞腫 上衣下腫,脈絡叢乳頭腫 中枢性神経細胞腫
 神経節細胞腫 神経節膠腫 胚芽異形成性神経上皮腫瘍 線維形成性乳児神経節膠腫 小脳異形成性神 経
節細胞腫 血管外皮腫 脊索腫乳児先天性血管腫 骨腫 軟骨腫 線維性異形成症 第3脳室コロイド嚢胞 
松果体嚢胞 視床下部過誤腫 異所性灰白質 脂肪腫 NF-1とNF-2関連過 誤腫 等


 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。