本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院20年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かに
あるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

精神神経疾患の正体と気功療法 その所見



         精神神経疾患の正体と気功療法 その所見


精神神経疾患(パニック障害・統合失調症・不安症・うつ病)  〜 発症経路とその正体 〜

うつ病、パニック障害、統合失調症、強迫症、不安感、精神安定、摂食障害、無気力、不眠、マイナス思考、
過呼吸、漠然とした不安感、対人恐怖、分裂病、ひきこもり、手の震え・・・
病名・症状は様々にありますが、それは、その症状をパターンごとに分類し、それぞれに名称を紐付けたに過
ぎません。
本質的な原因は、全て同じです。



これらの原因は全て、精神領域における「エネルギーのしこり」です。

エネルギーのしこりとは、心の“しこり、あるいは異常反応”と表現してもよいでしょう。
“トラウマ”も、その一つです。

実に大小さまざま、精神の浅い所から深い所にまで、幾千無数に存在します。

この“負のエネルギー”は、古くは幼少時期、あるいは、それ以前の胎児期から、既に発現しており、その一
部は、自身の潜在意識にすら認識されない程の深くに、静かに沈殿してゆきます。そして、それらは精神の奥
底深くで、人知れず、心身に対する異常なエネルギーを発し続けるのです。

このレベルの問題になると、カウンセリングや退行催眠の技法では、とても届き得るものではなくなります。
これらの技法で届くのは、潜在意識に認識されている領域に限られるからです。 ましてや、「脳機能こそが
原因である」と誤解をしている現代医療では、機能改善や、症状をぼかす為の薬物 療法の域を出ないのが現
状です。

当然、症状の程度にかかわらず、決して解決できることはなく、現状維持の療法が続きます。



精神疾患、それ自体は異常なものではない

どういう事でしょうか?

つまり問題を見誤っては、解決には至らないということです。

知っておいて欲しいのは、これら精神疾患の多くは、心身を脅かす問題ではなく、むしろ「心を守る為の、重
要な働き」だという事です。前向きな意味があるのです。

残念ながら、現代医療や多くの療法家は、その視点が十分ではない為、どうしてもアプローチの仕方に合理性
を欠いてしまうのです。


ではこの、「心を守るための働き」とはどういうものなのでしょうか?
幾つかの疾患を例に、それぞれを紐解いてみましょう。

先ず前提として、幼少時以前に受けた何かしらの“エネルギーのしこり”が存在すると仮定します。このエネ
ルギーのしこりは、心身にとっては、多かれ少なかれ脅威であり、当然駆逐すべき対象です。

通常は、生じた“エネルギーのしこり”は、十分な精神力により、封じ込められていますが、何らかの強烈な
精神的ショックや、逸脱した肉体疲労、慢性的なストレスなど、著しく精神力を消耗する事態に遭遇した時に
、抑え込んでいた“エネルギーのしこり”は解放されてしまいます。

そして、「負エネルギー」の暴走は、「理由のわからぬ“恐怖・不安感・体調不良” 」という形で表面化し、
心身に影を落とします。

あるいは、思考や感情の連続性を損ない、支離滅裂な言動や幻聴幻覚といった症状として表面化する場合も少
なくありません。

つまり「パニック障害」や「統合失調症」の傾向として挙げられます。


しかし、人間も全くの無防備ではありません。

もし、この状態が長く続けば、心身は到底これに耐えられる物で無いことは、潜在意識下では十分に認識され
ており、そのような緊急事態に対する、回避機能が発動されます。

その潜在意識が取る「回避方法」とは、つまり“心を麻痺させて辛さを感じにくくする”事です。簡単に言う
と、感受性を低下させるのです。

ただ、残念ながら、この方法には欠陥があります。
この方法は、問題の“エネルギーのしこり”と一緒に、正常な情動機能を麻痺させてしまうのです。

これこそが、「うつ病」の症状であり、本当の正体です。
脳内のホルモン分泌の減少などは、その為の、生理機能的な手段にすぎません。
従って、そこをいくら薬物で補正しても、完治に至る理屈がないことは、ご理解頂けたかと思います。



薬物療法の効果と再発の訳

薬物療法は、本質的な改善には至らないものの、一時的な症状緩和には有効に働きます。
そして、その効果は“休息”との併用により、最も高くなることが期待できます。

それはなぜでしょうか?

理由は、精神エネルギー量の回復です。
1つは、薬物により、“エネルギーのしこり”抑制に要する「精神エネルギー量」が軽減されること。
そして、もう1つは、休息により、基本的な心身運営に要する「精神エネルギー量」が軽減されること。
その結果によるものです。

しかし、一度活性化した“エネルギーのしこり”は、より大きな「負のエネルギー塊」となって存在し、その
抑制の為には、より多くの精神エネルギーが必要となります。

そして、何かのきっかけで、精神力がそがれたとき、以前にも増して、容易に、より強い症状となって再発を
きたすのです。
その都度、薬物量が増えたり、より強力なタイプの薬物に変更されるのは、その為です。



精神神経疾患をどう克服するのか?  〜 精神神経疾患の施術法 〜

実は“うつ病”の根本的な治療は、普通の気功ではできません。

“治した”と言う治療家もおりますが、それは、「表面上軽減させて治った」と勘違いしてしまっているに過
ぎません。
その証拠に、「再発した」と相談を頂く、うつ病の患者様が、決して少なく無いのが現状です。

なぜでしょうか?

それは、うつ病の本当の原因が、つまり、潜在意識(精神)上にあるからです。
「普通の気功では施術する術がない」からです。


普通の気功は、物質としての肉体上の、気の流れを良くすることで、自然治癒力の改善を促す為、
うつ 病の本当の原因が存在する“気を生み出す潜在意識そのもの”には、気功を施せないのです。

それどころか、その本質的な原因を理解されていないのが殆どです。

繰り返しますが、原因は、潜在意識の底に沈む、“気”精神エネルギーの滞りです。

直接的な要因は、過去の出来事に由来します。
事故のショック、幼少期の環境、虐待のトラウマ、胎児期の記憶等、過去に生じた「心の問題」です。

平時はその様な負のエネルギーも、精神力によって抑え込まれていますが、何かしら精神力がそがれる事態に
あれば、負のエネルギーが解放され、心身上への影響が表面化します。

ただし、仮に負荷がかかっても、静養を取ることが出来れば、再度抑え込むだけの精神力が維持される事も期
待出来ますが、 しかしながら、そのような強い精神的なショック、過度な精神的ストレス、過度な肉体疲労
等を、恒常的に受け続けてもなお、休むことをせず、あるいは許されず、精神力をもとのポテンシャルで維持
しようとした結果、やむなく肉体運営に割くべき“気”エネルギーを、消耗せざるを得なかった結果に至ってし
まうのです。

そしてその中には、カウンセリングや催眠療法では、到底到達できない程の深層部にある場合も、少なくあり
ません。実は、“潜在意識にすら認識されていない問題”が存在するケースも、多々存在するからです。
つまり、表面上の症状を追っていたのでは、到底根治はあり得ない理由です。

優気功では、特殊な“気”を通じた潜在意識との交流により、症状の本質に働きかけ、「潜在意識下の
心の問題(負のエネルギー本体)」を消去することが出来ます。
他の気功家では、絶対に真似できない全く新しい気功療法です。


またそれと同時に、“気エネルギー”の通り道である“経絡とチャクラ”の調整を施します。 それにより、気の量
とルートの双方の正常化が整います。

真に体内環境の改善を図ることにより、自然治癒力は、初めて十分に機能してゆくのです。



     うつ病について、
      より詳しくお知りになりたい方は、

          こちらから
 ⇒ 優気功院 分院





優気功では、うつ病に効果があって当たり前。良くなって当たり前。
でもそれだけでは、いけません。
根本的な原因を解消しなければ、本当の意味での健康にならねばなりません。


優気功では、その為の、強力なお手伝いをすることが出来ます。
それにより、健全な心身運営能力を含む、本当の健康な体への改善を目指します。


その結果として、心身を不安に脅かす様々な症状は、必然的に存在する意味を失い、消滅してゆきます。
うつ症状の消失という結果は、あくまでも、その過程の中に伴うものです。 「健康とは何か?」という優気
功の目的は、そこにあります。

施術による「意識の鮮明感」や「現実感の改善」を、ぜひ実感して頂きたいと願います。

優気功は、うつ症状を消す事のみを目的にしているのではありません。
人を健康に生かす事が、優気功の最大の目的なのです。



この他にも豊富な臨床経験がございます。
まずは、ご相談ください。

            >>> 御相談は、こちらから(優気功:yu-kikou@ae.auone-ne



優気功は“病気と闘うあなた”の「自然治癒力の連鎖」を引き起こさせる“希少性の高い、一義的に真正な代替
医療”です。「根本的な原因を解決すれば“病気は消えるはず”」なのです。
 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。