本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院25年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かにあるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

気とは何か



         気とは何か


精神が“意図”をした時に生じるエネルギー

精神が何かを意図をした時、そこに“ある種のエネルギー”が発生します。
発生したエネルギーは、心身が機能するための原動力となります。
このエネルギーこそが、いわゆる“気”なのです。
つまり、気は誰にでも流れているものです。気の流れていない生物はいません。


 “気”は見えないが、その歴史は長い

気は見ることは出来ません。
現代科学では、未だ測定はおろか、感知することも出来ません。
人体の感覚に頼る以外にありませんが、その感性の長けている人もいれば、一切感じることのできない人もい
ます。
現実的には、後者が圧倒的に多いです。
そのため、多くの方は存在そのものを否定するか、半信半疑の域を出ないのが実情です。
それゆえ、気功というものに対するイメージが、いまひとつ怪しげなイメージから抜け出せないのも現実です

実際、テレビなどで取り上げられるような“過度なパフォーマンス”や、目に見えないことを良いことに、詐欺
まがいの行為が行われたニュースなどを耳にする程度の現状では、至極当たり前のような気もしますし、非常
に残念に思います・・・。
しかし実は、気というものの歴史はとても深く、また、体系的にも整った、非常に優れた分野なのです。
事実、先進国においては、エネルギー療法というカテゴリーで様々な研究が進められつつあります。この先、
科学の発達によって、何かしらの解明の糸口に繋がることを願っています。
「確認できない事」と「存在しない事」は、異なる事実であることを、誤解されないで頂きたいと願います。


気功師と正しい知識

気の動きを意図的にコントロールし、心身の機能向上に用いるものが、気功です。
自身の体に対して行うものを内気功、他人に行うものを外気功と言います。
通常、内気功の技術の延長上に外気功がありますが、内気功とは異なり、それなりの外気功の 習得には、
ある程度の特殊な感性が求められるので、残念ながら、単に鍛錬だけで得られる技術ではありません。


人によっては、気は、宇宙のエネルギーであるとか、電磁波であるとか、様々に認識をされて いますが、そ
れは誤りです。
勿論、間違っていても、ある程度の効果は出せますが、気功師としての能力は、通常の域を脱しません。やが
て限界が生じるからです。
それは、間違った知識の土台の上にいるからです。
間違った上に、いくら仮説を重ね上げても、どこまでも間違いであり、当然どこかに無理が生じます。
正確な知識のもと、正しい視点で行われなければ、残念ながらその効果は、底の浅いレベルに留まってしまう
のは当然の原理です。


気功教室と素人療法家

“伝授”や“3か月で誰でも気功師に”等・・・、そのクラスで学べる内容は、所謂“タッチセラピーや手当療法”
と言われている類です。本物の気功とは、天と地ほどの差があります。
何事もそうですが、本物になるのに、近道は存在しません。


もちろん、手当療法ですから、家庭内での健康管理に活用する程度には、有用性を期待出来るものもあります

それはそれで悪くはないのですが、それをきちんと認識した上で受講されるとよいでしょう。
それにしても、どのレベルのものを指導してもらえるかは、それもまた教える療法家のレベルによるところで
す。


西洋医学(現代医療)は、否定するべきものではない

東洋医学を専門に扱う療法家においては、現代医療そのものを真っ向否定される傾向がありま すが、そうい
うものでもありません。
当21世紀においては、それはあまりに合理的ではありません。それらは互いに切っても切り離せるものでは
ありません。
ともに立派な学問であり、あくまで性質の違いです。優劣はありません。互いに学べる部分は大いに取り入れ
合うべきです。
つまり、一方に偏らず、東洋医学の知識と、現代医療の知識の両方に精通した知識と視点があることが、患者
の治療においては、最も有利で望ましいものなのです。
そして、いつの日にか、西洋医学、東洋医学、代替医療等々、一度すべてが統合され、その人にとって本当に
必要な治療手段が何かを、合理的に自由に選べる時代が到来することを願います。

近年、もともと医療関係とは全くの無関係だった方も、容易に即席療法家に転身し、開業するケースが珍しく
ありません。全く畑の違う、いわゆる“素人”の方々がです。
職業選択の自由ですから問題ありませんが、受ける側の視点からすると、先に説明した“質” という面で疑問
を感じずにはいられません。
それは、療法家プロフィール等で、容易に確認することができるはずです。
もし、略式にすら載せていない治療院があったら、とてもそこには、大切な体をゆだねる気持にはなれません

 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。