本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院25年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かにあるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

食事と陰陽理論


        食事と陰陽理論



今まで健康に良いと思っていたものが、そうでなかったと知ったら・・・

一般に体に良いと考えられている食べ物や習慣が、実は体に悪かった・・・。
そのような事実も、世間では以外にも非常識なもの。
知らず知らずのうちに、心身の機能に狂いが蓄積されているのです。


身体に悪いものと言って、即座に思い出すものは、放射性物質、食品添加物、残留農薬、発癌性を持つ嗜好品
、飽食、不規則な食事時間・・・等。
これは誰でも知っている、明らかに良くないものの代表格です。
健康志向の高まった近年は、それらを避けて、高栄養価品、有機食材、サプリメント・・・等の“健康に良い”
と考えられる食材等を、積極的に摂する人口数が、相当数に増えつつある流れに有ると見られます。
しかし、これら体に良いとされる食材群にも、実はそうではないものが多々含まれているという事実を、はた
してどのくらい人が認識しているのかと言ったら?


「現代栄養学と陰陽理論」 〜食事に対する視点の異なり〜

現代栄養学は、“栄養素という物質的な視点”から健康を考える学問ですが、それに対し、東洋医学では、“体
を冷やすか、あるいは温めるか”という陰陽の視点で考えます。
食品には体を温める陽性食品と、冷やす陰性食品があります。そしてその中間(中庸と言います)にある中性
的食品とに大別されますが、先ずは“陰性食品の割合を極力減らす”事を目標に据えるのが良いでしょう。
基本、生物は生存する為のエネルギーを必要としますので、体を冷やさない食材を選取するのが理に適ってい
るからです。
目指している目標により、取り組むハードルは異なりますが、仮に病気からの回復を目指すのであれば、さら
に細かい厳密な取り組みに発展していっても良いでしょう。                      食材の選別には、栄養的視点と陰陽的視点の、双方の要素を考慮する必要があるのです。


食品の“陰陽”と、選ぶ際のポイント

食材は数限りなくあり、同じ食材でも産地も様々です。
1つ1つ覚えるのは不可能ですので、ここでは食材を選ぶ際のポイントのみをお伝えします。
しかし、これを参考にするだけでも、かなり応用が利くものです。


「暮らしている土地のものを食べる事」の重要性

それは、人も動物も植物も全て、生まれ育った環境と一体であり、それらの調和の上に存在が成り立っている
という解釈です。ゆえに本来は、その“地の食材”を摂ることにより、最も体のバランスが安定的に養えられる
のです。

その際の、大まかな原則をあげると、以下のようになります。

例えば、熱帯地方で育つ植物は、体を冷やす陰性食品です。それを食することで、その地の人達は、熱くな
った体を中庸(中性)に整える働きをします。
逆に、寒冷地域に育つ植物は、体を温める陽性食品です。冷えた体を温める方向に整えます。
これだけ知っておくだけでも、相当に、体を冷やす食材を避けることが出来ます。

また、人種などの違いで見ても、合っている食材、そうでない食材があります。
例えば欧米食と日本食の違いが、例に挙げられます。
近年、日本人の欧米食化がすっかり浸透していますが・・・。

そもそもが、人種それぞれに、食材を分解する独自の酵素を持ち、消化吸収につながる身体運営の機能が違う
のです。それは長い歴史の中で、その地の生活に特化していった人類進化の証です。

それに対して、日本人の欧米食化は、たかだか100年程度です。
そんな短い期間で、日本人の体質が、欧米のそれにマッチングしきれるものではありません。
また、四季の差の大きい日本では、それぞれの旬のものを頂くことで、年間を通じての身体のバランスをとっ
ています。
当然ですが、日本人には日本人に向いた食事があるのです。


ただし、現代は世界各地から様々な食物が輸入され、何時でも何処でも何でも手に入る時代です。また、人間
の移動範囲も大きく変わり、生涯を生まれ育った土地で過ごすという環境でもなくなっています。従って、厳
密に“地のものを”というのも、至難の業です。
そういった事柄等を総合的に考慮した、現実的な取り入れ方としては、「国産のものを、極力それぞれの旬に
頂く」という、シンプルな基準で良いでしょう。                           

その他、特に意識しておいた方が良いポイントは以下です。

「季節」による判断

夏野菜は、夏という陽性の季節を中和させるように、「陰性」になるものが多いです。
逆に、冬の時季に実るものは陽性です。

「肉」は、強い陽性食品

どうしても食する場合は、陰性の野菜等を多めに一緒に食すると良いでしょう。
野菜類に期待する働きは、食物繊維だけではないのです。陰陽の調節にも有効なのです。

「白砂糖」は、強い陰性食品

白砂糖は、暑い地域で育つサトウキビが原料です。陰陽的には、極陰性ですので体を冷やす方向に働きます。
また、科学的に抽出した化学物質でもありますので、身体には毒素として位置付けられます。
さらに、単糖類ゆえ血中濃度の立ち上がりが早く、身体にはインスリンの過度なペースの分泌を促されます。
結果すい臓が疲弊し、これは同時に、脾系への負荷と意味を同じにします。同じ摂るのであれば、未精製の糖
である黒砂糖やハチミツ、メープルシロップなどの方が良いでしょう。
そういう視点では、塩に関しても精製されていない自然塩を選ぶのが良いでしょう。

「調理法」による陰陽

火をあまり通さないものが陰性。温かいものが陽性の傾向です。
他にも、以下のようなコツで、陰陽の調節が出来ます。

 陰性傾向にするもの

  火をあまり通さない
  短時間で調理を済ます
  油・水を多くする
  酢・甘味料・ハーブ等の陰性の調味料を多くする

 陽性傾向にするもの

  火をよく通す
  じっくり時間をかける
  油・水を少なくする
  塩・醤油・味噌等の陽性の調味料を多くする



健康食品・サプリメントは本当に必要か?

健康食品やサプリメントは、本来の食生活が正しく行われている前提で、それを補助する性質のものです。
「それさえ摂っていれば健康になれる」という認識は、早くに変えましょう。

そもそも一昔とは違い、現在は飽食の時代です。過剰な富栄養状態です。
そのような状態で、サプリメント等のような栄養補助食品類に何の意味があるのでしょうか?
栄養価の偏りを補正するにしても、先ずは本来の食事から根本的に見直すのが順序ではないのでしょうか?
またむしろ、憂慮すべき重大な問題は、それら食品と共に体内に取り込まれる農薬や添加物等の、本来、不必
要な物質までが過剰に蓄積されていることです。

そして何よりも優先すべきは、“入ってくる害を減らす”努力を中心に据えることです。
現在は、栄養を“足し算的”に増やして健康を図ることより、入ってくる害を減らす“引き算的”な発想を実践す
ることが最重要なのです。


売り上げ至上主義の時代に、引き算的な発想を提案するシステムはあまりありません

単純に儲からなくなるからです。
当ホームページも本質的には、気功院の紹介であり広告ですが、本業の施術の紹介以外にも、無料の価値ある
情報を提供しています。それは、「健康に役立つ情報の提供をもって、社会に貢献する」というコンセプトに
基づいた信念があるからです。金儲け主義には走りません。

売り上げ目的の企業広告を、そのまま受けてはいけません。
自身の健康を真剣に考えてくれるのは、自身と極一部の人間に限られます。
本当にそれが自分にとって価値があるものなのかを、しっかり見極めましょう。


全ては、日常の延長

気功療法でせっかく改善の連鎖が動き始めても、身体に強い冷えがあれば、効果も限定的になりがちです。
本質的な意味での改善には、冷えはとても大きな脅威だからです。
気功の効果を最大に限引き出すも、最小限にしてしまうのも、全ては日常次第なのです。
 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

■難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

■難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。