本文へスキップ

癌・肉腫・パーキンソン・認知症・精神神経疾患、膠原病、半身不随のリハビリ等、現代医療では、治療困難な難病の為の外気功院

お問い合わせはyu-kikou@ae.auone-net.jp


半身不随のリハビリ、難病、原因不明  “気功”精神エネルギー療法の専門院

     開院25年 信頼とご愛顧を頂き、皆様のお役に立てさせて頂いております。
  薬剤師・気功師の院長による 医療系気功療院

   
医療系 一意如水流 優気功院

    あなたとあなたの大切な家族の“健康と安心”を守る本格気功院

当院の気功療法は、世界に類のない特殊な気功。一般の気功とは異なります。
優気功は、他の治療等で効果を見られなかった方にとっても、唯一の有望な選択肢です。
皆様のお役にたちたい
笑顔が見たい その一心で
心を込めて運営しています

 癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
私が院長の富波良是です
癌・腫瘍・難病を治すことができる気功
UCSFカリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校
2000 HIVホスピス病棟
医療視察研修修了
癌・肉腫
  癌・肉腫の克服、癌・肉腫細胞の縮小、転移防止、再発予防、終末期の延命、疼痛緩和、
  不安感、うつ状態、焦燥感、絶望感、パニック、呼吸困難感、不眠、疲労感など

パーキンソン病 若年性認知症 早発性早老症(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
節リウマチ 線維筋痛症 
精神神経疾患(統合失調症・パニック障害・うつ病・トラウマ)他

現代医療では“難病”とされる膠原病等の自己免疫疾患や、“つらい症状”は確かにあるのに、「異常なし」と診断されてしまう原因不明の心身症状に。

パーキンソン病の正体と気功療法 その所見



    パーキンソン病の正体と気功療法 その所見


パーキンソン病とは何か? 何をするのか? 〜 パーキンソン病の正体と、その症状 〜

脳の黒質という神経細胞部分が、変性する疾患です。

黒質は、ドパミンという神経伝達物質を産生し、神経間の情報のやり取りに関係しています。 その黒質に支
障が生じた為、ドパミンが減少し、体が思うように機能しなくなってゆきます。

東洋医学の世界では、震顫(シンセン)麻痺とも呼ばれ、「ふるえ」や「筋肉の固縮」等、様々な症状が現れ
ます。重度では、歩行も困難になります。




パーキンソン病はどこから来たのか? 〜 パーキンソン病の発症経路の究明 〜

パーキンソン病の原因は、脳血流不足(酸素欠乏)と、“気の流れ”の停滞です。

脳は非常に沢山の酸素を必要とします。
その為、限られた酸素は、心臓や呼吸、体温調節等の“最低限の生命を維持する為の活動”に、優先的に配分
されます。当然、その他の部位には、十分な酸素は行き渡りません。

黒質は“その他の部位”に該当しますが、比較的多くの酸素を必要する部位でもある為、血液不足の影響をよ
り強く受けてしまうのです。つまり、ドパミンの産生減少を来します。

正常のドパミン量の20%を下回ると、パーキンソン病の症状になって現れます。40〜50歳代以降に多く
発病することから、老化症の一種とも考えられています。

東洋医学的には、「気血が不足して、筋脈を栄養出来ない」状態が、所見出来ます。
経絡という視点からは、精神的ストレスや老化に伴う“肝経・腎経の乱れ”や、飲食不養生による“脾経・肝 経
・心経”の乱れ等がそうです。これらによっても「血流減少・筋肉の固縮・だるさ・消化器不良・振戦・動 作
緩慢」などの症状が現れます。



パーキンソン病をどう克服するのか? 〜 パーキンソン病への施術法 〜

現代医療では、不足しているドパミン様の物質を補充して、機能を維持する薬物療法が主流となっています。
しかし、パーキンソン病は進行性の疾患のため、その効果とはイタチごっこになります。 本質的な改善を目
指すうえでは、さらに深部に至る、原因への施術が不可欠です。

ドパミンの低下をひき起こしている“血流低下や酸素欠乏”が、なぜ起きているのか?
原因は肉体上の問題か? それともチャクラの不備にあるのか?

それにより、行う施術の方針は全く違ってきます。




実は知られていない、もう一つの原因

いわゆる一般的な治療院で、気功治療を行ったものの、「効果が無い」と、優気功院に相談を頂くパーキンソ
ン病の患者様が、決して少なくありません。

どういうことでしょう?

   実は、本当の原因が、肉体上にないケースです。
   つまり潜在意識(精神)上の、原因の存在を意味します。

これは、普通の気功家では、治療が出来なくて当然なのです。

普通の気功は、全身の気の流れを良くすることで自然治癒力の改善を促しますが、気を生み出す潜在
意 識の領域に原因がある場合、そこに施術を施す術はありません。


それどころかその本質的な原因に気づくことも、無いかもしれません。


原因は、潜在意識の底に沈む、“気”精神エネルギーの滞りです。


直接的な要因は、過去の出来事に由来します。
そしてそれは、カウンセリングや催眠療法では、到底到達できない程の深層部にある場合も、少なくありませ
ん。
それは、事故のショック、幼少期の環境、虐待のトラウマ、胎児期の記憶・・・・など、過去に生じた「心の
問題」だからです。

平時は精神力によって抑え込みますので、何かしら精神力がそがれる事態にあれば、負のエネルギーが解放さ
れ、心身上への影響が表面化します。

しかしながら、そのような強い精神的なショック、過度な精神的ストレス、過度な肉体疲労等を、恒常的に受
け 続けてもなお、休むことをせず、あるいは許されず、精神力をもとのポテンシャルで維持しようとした結
果、 やむなく肉体運営に割くべき“気”エネルギーを、消耗せざるを得なかった結果に至ってしまうのです。

表面上の症状を追っていたのでは、到底根治はあり得ない理由です。


優気功では、特殊な“気”を通じた潜在意識との交流により、症状の本質に働きかけ、「潜在意識下の
心の問題(負のエネルギー本体)」を消去することが出来ます。
他の気功家では、絶対に真似できない全く新しい気功療法です。


真に体内環境の改善を図ることにより、自然治癒力は、初めて十分に機能してゆくのです。



優気功では、パーキンソン病に効果があって当たり前。良くなって当たり前。
でもそれだけでは、いけません。
さらにその先の、根本的な原因を解消しなければ、本当の意味での健康にならねばなりません。

優気功では、その為の、強力なお手伝いをすることが出来ます。
それにより、健全な心身運営能力を含む、本来の自然治癒力を、しっかりと取り戻すことが出来ます。
そして、本来あるべき、再発をおこさない、健康な体への改善を、目指します。

パーキンソン症状の消失という結果は、あくまでも、その過程の中に伴うものです。


優気功は、パーキンソン症状を消す事のみを目的にしているのではありません。
人を健康に生かす事が、優気功の最大の目的なのです。



この他にも豊富な臨床経験がございます。
まずは、ご相談ください。

            >>> 御相談は、こちらから(優気功:yu-kikou@ae.auone-ne

 
 MENU
トップページへ
 気功療法のご案内
 一意如水流の独自療法
 気功の効果と範囲
 安全性と技術体系
 現代医療で行き詰ったら
 精神科で行き詰まったら
 気と健康
気とは何か
健康とは何か
自然治癒力とは何か
 チャクラとは何か
 経絡とは何か
毒素の排出と好転反応
 食事と陰陽理論
 “冷え”と心身機能
 一意如水流のご案内
一意如水流 優気功とは
 気功家 富波良是
プロフィール
優気功院の経営理念
優気功のブランドポリシー
よくある質問
お客様の声
 子供の発達障害・能力開発
 施術のご案内
本格 気功療法について
(60/75/90分)
メール相談のみ
(無料)
施術の流れ
 病気の正体と気功療法
 各種癌(ガン)・肉腫
パーキンソン病
若年性認知症 
早発性早老症
(プロジェリア・コケイン・ウェルナー)
 精神神経疾患
(統合失調症・パニック障害
・うつ病・不安感)
関節リウマチ 
 線維筋痛症
 高齢者の健康維持療法
(疾病予防・老化予防)
 関連サイトのご案内
実際に現場で用いらている
「癌を自力で克服する方法」
 不安感と過換気症候群

難病克服を目指す視力障害者の方へ

難病の予防克服を考えていらしゃる方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くだいませ。

難病克服を目指す聴力障害者の方へ

難病の予防克服についてなど、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせて頂きます。

難病克服を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。

簡単相互リンク


 気功院からの伝言板
  相談・施術のお申込みのメールを送って頂く方に、受信拒否の設定になっていらっしゃる方がごくたまにいらっしゃいます。
 送信したのに返事が無いなど、お心当たりのある方は今一度ご自身の機器の設定をご確認下さい。
あるいはお電話でのお申し込みをご利用ください。